2009年03月08日

[EeePC最適化]Googleリーダーの不要なメニューや余白を省く

フィードリーダーにはGoogleリーダーを使っていますが、EeePCなどの画面の小さいネットブックでは、メニュー部分などで画面の半分近くを占めてしまい、肝心のフィード本文が表示される面積が狭くなってしまいます。

そこでGoogleリーダーの不要なメニュー余白部分省き、フィード本文の領域を拡大するためのユーザースタイルを適用してみました。

Firefox のアドオン、Stylish を使います。

導入するユーザースタイルは、えむもじらさんの「Google Reader - Minimal menu for "Starred Items"」に、
大須は萌えているか?さんのCSSを追加して併用しています。

CSSの追加は、Stylish のメニューの「スタイルの管理・・・」から当該のスクリプトを選択し、「編集」でコピペすればできます。

適用前がこちら
GoogleReader2_


で、適用後がこちら
GoogleReader1_

赤枠で囲んだフィード本文領域が広くなりました。
GoogleリーダーのロゴやGoogleの他サービスへのリンクが非表示になり、フィードのタイトルや管理メニュー部分の縦幅もギリギリまで狭くなっています。
特に縦方向に広くなったことで、いちどに表示される文章を多くできるため、読みやすくなりました。

さらにFirefoxを全画面表示で使えば、画面の小さいEeePCやネットブックでも十分快適に文章を読むことができます。

Googleリーダーが狭くて使いにくいという方はぜひお試しください。


posted by kazuto at 09:18 | Comment(17) | TrackBack(1) | EeePC最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

Gmailの返信定型文を使って複数の署名を使い分ける

gmail_canned_response0

以前 Gmail Labs に追加された返信定型文(Canned Responses)の機能が、複数の署名の切り替えに使えそうです。

この機能は本来、受付完了メールなど、毎回決まりきった返信文を入力する手間を省くためのものだと思いますが、毎回同じ内容を入力する、という点では署名にも当てはまります。

少し前までは、返信引用文なども含めて文章全体を上書きする仕様になっていたので、メールの返信に署名を挿入したい時には使えそうになかったのですが、いつの間にか定型文を挿入する仕様に変わっていたようで、これなら使えると思い設定してみました。


まずは Gmailの設定画面で表示言語を English(US) にしておき、Labs のタブから「Canned Responses」を「Enable(有効)」にします。
いったん有効にしたあとは、表示言語を日本語に戻しても、Labsの機能が反映され続けます。

メールの作成画面や返信画面を開くと、↓のように「返信定型」の項目が追加されていると思います。

gmail_canned_response1

次に本文の欄に追加したい署名の内容を入力して、「返信定型文を作成」をクリック。

gmail_canned_response2

返信定型文に名前をつけてくれ、と言われるので適当に名前をつけます。
僕はアタマに [署名] とつけることにしました。

gmail_canned_response3

これで設定は完了です。

メール作成中に署名を入力したいときは、挿入したい箇所にカーソルを合わせておき、返信定型文のメニューの「返信定型文を挿入」から挿入したい署名をクリックすると、カーソル位置に署名が挿入されます。


この返信定型文の機能、署名に使うことが想定されていたかどうかは知りませんが、
基礎的な機能だけ追加しておいて、あとは「賢く工夫すれば色んなことできるでしょ」というGoogleの姿勢が、ここにも垣間見える気がします。


posted by kazuto at 14:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

[EeePC最適化]吸盤を使ってD02HW端末を固定するケースをDIY

E-MOBILE D02HW with disc 3

EeePCを使っている人の中には、E-MOBILEのD02HW端末を使っている人も多いかと思います。
USBでPCに接続するタイプなのですが、PCを持って移動する際などはブラブラして邪魔ですね。

この解決策としては、マジックテープでディスプレイの背面に貼り付ける方法が有名です。
ただ、この方法だとマジックテープをEeePC本体に接着しなければならないので、私には少し抵抗がありました。

そこで吸盤を使って同様の機能を実現するモノを作ってみました。

吸盤を直接D02HWに取り付けてもいいのですが、今回は簡単な吸盤つきケースを作ってみたいと思います。

用意するものは
  • 吸盤
  • クリアファイル
  • ホッチキス
  • はさみ・カッター
です。
吸盤は100円ショップで購入。横穴タイプと横みぞタイプがありましたが、今回は横みぞタイプを使いました。

作り方ですが、
  1. クリアファイルを適当な大きさに切る。
  2. 切ったクリアファイルを二つ折りにしてホッチキスでとめる。
  3. 余りの部分にカッターで丸く穴を開ける。
  4. 吸盤を穴に通して完成。
3分ほどで完成しました。
・クリアファイルを切るときは、二つ折りにしたときD02HWの大きさより少し大きめになるように切ります。
・ホッチキスで留める際は、D02HWがぴったり入って抜けないぐらいにするのがコツです。
・穴を開ける際は、吸盤の溝の部分にフィットするように空けましょう。小さめに開けて強引に吸盤をはめ込むぐらいでいいと思います。

E-MOBILE D02HW with disc 5

で、完成したのがこちら↓
E-MOBILE D02HW with disc 4


D02HWをはめてPCに取り付けるとこうなります↓
E-MOBILE D02HW with disc 1


今回は吸盤がひとつなのでやや不安定ですが、クリアファイルの硬さがちょうどいい感じですし、これはこれで柔軟なので良しとします。

これでPC本体を汚したり傷つけることなく取り付けが可能になりました。
D02HWが邪魔だけど、マジックテープを接着するのはちょっと・・・という方はぜひお試しください。
posted by kazuto at 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | EeePC最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

[EeePC最適化]Firefoxの全画面表示をカスタマイズ

Firefox Logomaxi_EeePC_901_Bild6

実はEeePC 901、持ってます。
レビュー記事なんかも書こうかと思っていたのですがタイミングを逃した感があって、やってませんでした。
そこでこれからは「EeePC最適化」と題して、EeePCを快適に使うために工夫していることなどを不定期でポストしていこうかと思います。

今日はEeePCでFirefoxの全画面表示を最適にカスタマイズする方法を紹介したいと思います。

全画面表示をカスタムできるアドオン

画面の狭さが否めないEeePC、ブラウザを開くと3分の1ほどはツールバーやタスクバーで消費してしまいます。
Firefoxにも全画面表示機能はありますが、ツールバーなどが完全に消えるわけではありません。

そこで Autohide というアドオンを使います。

これを使えばFirefoxでの全画面表示時にツールバーやタスクバーなども非表示にできます。
設定により、どのツールバーを表示/非表示にするかや、マウスを画面上端や下端に当てたときに表示するかどうか等を細かく決めておくことができます。

僕は
  • ナビゲーションツールバー
  • ブックマークツールバー
  • Windowsタスクバー
を自動で閉じる設定に、
  • タブバー
  • ステータスバー
は常に表示する設定にしました。

ステータスバーを表示にしたのは、リンク先URLが見えてないと妙に気持ち悪かったからです。
このへんはお好みで。
全てを非表示にすればEeePCのフル画面でブラウジングできるようになるので、ほとんど不自由さは感じられなくなるでしょう。縦長の画像を見るときにちょっと残念なぐらいです。

ステータスバーに時計を設置

FoxClocks

さて全画面表示になったわけですが、少し困ったことが。
Windowsタスクバーの右端にある時計、これが見れなくなりました。
マウスを画面下端に当てれば表示されるようにはなっているのですが、チラ見したいだけなのにいちいちマウスを動かすのは結構ストレスになります。

そこでFirefoxのステータスバーに表示できる時計のアドオンが無いか探してみたところ、見つけました。

FoxClocks というアドオンを使います。

これはもともと世界の違う地域の時刻を表示させるコンセプトのアドオンのようですが、単に時計として導入しました。
オプションから国や日時の表示形式が設定できます。
僕はシンプルに時刻だけを表示する設定にして、ステータスバーの右端に配置しました。もちろん日本時間。
国旗が出てしまうのですが、そこは目を瞑ります。
これでいつもの場所に目をやると時刻が見れるようになりました。

メニューバーをコンパクトに集約

CompactMenu2

さらにメニューバーの面積を節約するため、Compact Menu 2 というアドオンも入れました。
これはメニューバーにあるメニューを集約して小さなアイコンの中に詰め込んでくれるアドオンで、メニューバーが空になるので表示させる必要がなくなります。


あと全画面表示とは関係ないですが、E-MOBILEなどを使って外でネット接続することが多いであろうEeePC、広告の画像を読み込むだけでも無駄な時間と料金がかかってしまうと考えたため、言わずと知れた Adblock Plus も入れました。

試してみたい方は以下からどうぞ。
posted by kazuto at 15:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | EeePC最適化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

オフラインGmailには送信トレイができるのか


オフラインGmailには送信トレイができるんですね。

オフラインの間に送信ボタンが押されたメールはいったんここに保管され、オンラインになった時に送信処理がされるみたいです。

どうせなら日時を指定して送信できるような機能が、Labsあたりから出たらいいのに。
posted by kazuto at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。